社用車の交通事故、自動車保険料への影響は?

交通事故で相手にケガを負わせてしまったり、物を壊してしまったりした際に役立つのが自動車保険です。しかし、自動車保険は一度使用すると等級が下がり、翌年、保険料がアップします。さらに最大で3年間は事故有係数が適用され、同じ等級でも事故無と事故有では保険料が異なってきます。

今回は、自動車保険の等級が関係する車両保有台数9台以下のノンフリート契約について、そして事故などにより保険を使った場合の保険等級や事故有係数、保険料の差額についてご紹介します。

自動車保険のノンフリート等級制度について

自動車保険はどの保険会社で契約した場合でも、新規で契約すれば6等級でスタートします。
そして事故が無く、自動車保険の支払が無い場合には、翌年継続時に等級が1つ進みます。等級が1つ進むことにより割引率が高くなり、20等級まで進むと最大63%の割引になりますが、もし事故により自動車保険を使った場合には、翌年継続時に等級が3等級下がります。もう少しわかりやすく解説すると、数字が大きい等級になるほど割引率が高く、数字の低い等級になると割引率が低くなるということです(1〜3等級は割増になります)。

また、2013年6月1日から開始された「改定後等級制度」により7等級から20等級について、「事故有係数」が導入されました。事故有係数とは、3等級ダウン事故では翌年から3年間、1等級ダウン事故は翌年から1年間、事故有係数で保険料が計算されるというもの。
これにより事故があった年の翌年から3年間の保険料は、無事故だったときと比べて割り増しになります。

例えば、16等級からアップして17等級(無事故係数)になった場合と、20等級から3等級ダウンして17等級(事故有係数)になった場合では、同じ17等級でも保険料が異なります。

3等級ダウン事故とは

対人・対物賠償で自動車保険を使った場合、翌年の自動車保険の等級は3等級ダウンし、7等級から20等級に該当する場合は事故有係数が3年間適用されます。事故により相手のケガの治療代、相手のクルマの修理代、電柱や壁を壊した場合の修理代などが該当します。

1等級ダウン事故とは

台風や洪水、火災、いたずら、盗難、飛来物との衝突などで車両保険を使った場合は1等級ダウンし、7等級から20等級に該当する場合には事故有係数が1年間適用されます。
1等級ダウン事故に該当する項目は、車両保険に加入していなければ保険金は支払われません。

ノーカウント事故

弁護士費用等補償特約事故や、搭乗者障害保険事故、無保険車傷害保険事故、原付特約事故(ファミリーバイク)に該当する場合は、ノーカウント事故として扱われ、翌年の契約時に等級は下がりません。ノーカウント事故はこちらに非がない、クルマの事故に関係するものではない場合が該当します。

修理に車両保険を使うべきか

軽度の自損事故で修理箇所が単体であれば、大抵は10万円以内で修理が完了できると考えられますし、マイカーであれば保険を使わずに修理した方がお得な場合も。しかし社用車の場合には相手への誠実な対応も含めると、金額の大小にかかわらず保険会社と相談し対応することを推奨いたします。保険会社を通さずに示談、完結させて後日トラブルになってしまうと、会社の信用問題に発展する可能性もあるからです。
事故の大小にかかわらず、警察へ連絡して事故処理を依頼し、事故証明書を発行してもらいましょう。事故証明がない場合、自動車保険の支払いが行われないので注意が必要です。クルマ同士の衝突で相手に少しでもケガがあれば、人身扱いとなり自動車保険での対応になります。

翌年の保険料を節約するには

事故で自動車保険を使ってしまった場合、翌年の契約時には3等級ダウンで事故有等級が適用されます。少しでも保険料を節約するには保険の見直し、特に車両保険の金額を下限いっぱいで契約し、免責金額が0の契約を5万円の契約にしてみるなどの見直しを検討してみましょう。

もし既に自動車保険の見直しが済んでいる場合には、現状の保険ではこれ以上の節約は困難になります。これ以上補償内容を削ってしまうと、事故の際に保険が役に立たず本末転倒になりかねません。

修理費用を保険で補う前提でも、保険料を節約するには

自動車保険の中でも特に車両保険に関し、

「保険料が高い」
「車両保険に加入しているがほとんど使っていない」
「車両保険までは不要だけど、軽微な事故は保険でカバーしておきたい」

などのお悩みもよく伺います。

しかし、車両保険を付帯するとどうしても自動車保険料は上がります。

このようなお悩みは、車両の免責金額を付帯することで保険料を下げることが可能です。

  • フリート、ノンフリート問わず加入が可能
  • 万一の際に支払える金額で設定(一般的には5~10万円)
  • 事故による車両修理が発生の際でも、車対車で相手からの損害賠償金が回収できる場合には自己負担額がゼロになる場合がある
  • 現状の保険の大幅な見直しは不要(免責金額を設定するだけ)
  • 自動車が全損となった場合も免責金額が設定されていても自己負担額はゼロとなる

いかがでしょうか?「車両保険の免責設定」は「自動車保険の保険料は節約したいけれど、車両の補償は保険でカバーしたい」等のお悩みを解決する考え方の一つです。
保険料のお見積も承っておりますので、ご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。