今注目の自動運転技術

今注目を集めている自動運転ですが、0~5段階に分けて定義されています。その定義は以下のとおりです。

段階 主体 走行領域
0 運転自動化なし ……
1 運転支援 限定的
2 部分運転自動化 限定的
3 条件付き運転自動化 クルマ 限定的
4 高度運転自動化 クルマ 限定的
5 完全運転自動化 クルマ 限定なし

では具体的にそのレベルについて見ていきましょう。

自動運転レベル0

まったく自動運転機能を持たないクルマです。

自動運転レベル1

衝突被害軽減ブレーキ、前走車との車間距離を維持しながら追従走行する機能を持ったアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)、クルマが車線からはみ出さないようにコントロールする車線逸脱防止装置(LKAS)が搭載されているクルマになります。現在はこの自動運転レベル1のクルマは幅広く存在しています。

自動運転レベル2

特定条件下での自動運転機能ということで、高速道路上でのステアリングアシストなどがこれに該当します。日本車では、日産セレナのプロパイロットが第1号として登場し、トヨタMIRAI、日産スカイラインのプロパイロット2.0、スバルレヴォーグのアイサイトXではハンズオフ機能が付加されています。

自動運転レベル3

ホンダが世界初の自動運転レベル3の認証を受け、『ホンダ センシング エリート』を搭載したレジェンドを2021年3月に発売(100台リース販売)しました。レベル2までとレベル3からの最大の違いは、主体が人からクルマになっていることです。
自動運転レベル3では、アクセル、ブレーキ操作をしなくていい『フットフリー』、ステアリングから手を放してもいい『ハンズフリー』、視線を解放する(安全確認が不要)『アイズフリー』といった3つのフリーが可能になります。
ただし、特定条件下における自動運転機能ということで、限定的になります。レジェンドでは、トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能、TJP)が作動可能なのは30~50㎞/hまでの速度域のみとなっています。

前の記事

カーエアコンの上手な使い方