フリーランスとは

サラリーマンの方なら、一度は独立を考えたことがあるのではないでしょうか。
独立の方法として、「個人事業主」「フランチャイズオーナー」「フリーランス」などがあります。
一般的にフリーランスはIT関連の仕事が多いと思いますが、その他、フリーランスでできる仕事はたくさんあります。
自分の好きなこと、やりたいことを仕事にする、ということもできます。
ここでは、非常にたくさんご質問をいただく、「フリーランス」について解説したいと思います。

 

フリーランスになるってどういうこと?フリーランスとは?

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
フリーランスは企業や団体には属さず、自分が望む仕事に応じて自由に契約する働き方を実現している人のことです。フリーランスとフリーターを、混同している方も見かけますが、まったく異なる働き方なので混同には気をつけてください。

フリーランスは仕事内容をその都度確認した上で、値段や納期などの交渉をします。会社に属して業務を行うのとは違いますが、フリーランスでも多くの仕事をこなしている人は大勢います。

皆さんの周りにフリーランスで仕事をしている人はいるでしょうか。具体的なフリーランスの仕事内容について紹介します。

個人事業主との違いは?

フリーランスに近い言葉として、「個人事業主」があります。個人事業主とは、株式会社などの法人を設立せず、個人で事業を営む人のことを指します。個人として独立して働く働き方はどちらにも共通しています。

それでは、フリーランスと個人事業主の違いは何でしょうか。個人事業主として働く場合は、「開業届」を税務署に提出する必要があります。そのため、主な違いは、「開業届」を税務署に提出したかどうかと捉えて良いでしょう。

会社員からフリーランスに転身するメリットとデメリットを説明

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
フリーランスとして働くことは、魅力的に感じるかもしれません。しかし会社員からフリーランスへ転身しようと考えている方は、行動に移す前にしっかりとメリット及びデメリットを理解した上で改めて転身するかどうか考えてみましょう。

会社員からフリーランスに転身するメリット4つ

会社員からフリーランスに転身するメリットを4つ紹介します。ここでお約束ですが、メリットだけ読まずにデメリットまで網羅的に読みましょう。

フリーランスに転身するメリット1:時間や場所に縛られにくい

会社員と違い、フリーランスは働き方が自由なことが多いです。最近ではリモート案件も少しずつ増えてきており、会社のある都会とは距離のある場所で仕事を進められます。

自宅でも働くことができるということは、通勤時間が0になるということです。今まで通勤時間が片道1時間かかっていた方は、フリーランスになると1日の時間が2時間増えます。時間をより有効的に使えるのも、フリーランスに転身する魅力の1つです。

フリーランスに転身するメリット2:関わるプロジェクトを自由に選びやすい

会社員として企業で働いていると、「本当は違う仕事がやりたいのに」と思うようなことも少なくないと思います。

しかし、フリーランスに転身するメリットとして、自分で仕事内容を選べるというのがあります。

ただしここで1点、注意点があります。もちろん他にもフリーランスのライバルはいます。そのためスキルや実務の経験年数が足りない場合は、好きな仕事を選び放題というのは難しいかもしれません。

会社員時代もしくはフリーランスに転身した後に、実務経験を積むことで好きな仕事を自由に選べるようになりましょう。

フリーランスに転身するメリット3:比較的年収を上げやすい

会社員時代の悩みの種として、年収の問題がある方も多いでしょう。フリーランスに転身した場合、大抵の場合は年収が上がることが多くあります。大抵の場合というのは、年収が上がりにくいパターンが2つあるためです。

1つ目は、実務経験が1年未満である場合です。一般的にフリーランス案件受注の条件として、実務経験1年以上というのがあります。フリーランスに転身する前に副業で実務経験を積むのも1つの手です。

2つ目は、既に現職の会社でスーパーエンジニアとして好待遇を受けている場合です。弊社サービスのMidworksは、フリーランスを検討している方の無料相談を行っています。「どれくらいの年収が妥当なのか」気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

フリーランスに転身するメリット4:人間関係に悩みづらくなる

会社員時代に比べて、個人事業主は社内の人との関わりが各段に減ります。上司が自分自身になることの緊張感はありますが、上司や同僚と上手く信頼関係を築けていないという方は、独立をきっかけにストレスが大きく改善されることもあるでしょう。

会社員からフリーランスに転身するデメリット3選

会社員からフリーランスに転身するのは、もちろんメリットだけでなくデメリットもあります。メリットとデメリット、それぞれ両方の側面からフリーランスの働き方を理解した上で、転身するか判断しましょう。

フリーランスに転身するデメリット1:年収が安定しているわけではない

会社員は毎月の給料が基本的には固定で支払われます。

しかし、フリーランスの場合は、案件に参画中でないときは無給の状態になってしまいます。そのため案件に継続的に参画できるかがとても大事になってきます。継続的な案件の参画に成功すれば、会社員時代よりも年収が高くなることが多いです。

また案件毎に単価が変わってくるので、入ってくる給料は月々で高めな月もあれば低めな月もあります。固定の給料が入ってこないと安心できないという方は、フリーランスよりも会社員の方が向いているかもしれません。

フリーランスに転身するデメリット2:一定以上のスキルと営業力が必要になる

会社員であれば、自身のスキルは関係なく仕事をすることができます。

しかし、フリーランスであれば仮にスキルが高くても自身の営業力がない場合は、案件を受注することが難しいです。スキルがない場合は、より案件受注は難しくなるでしょう。

フリーランスで案件の受注が難しい場合は、ポートフォリオの見直しやSNSの発信数増加など手はありますが、エージェントに頼るのも1つの手です。現状のスキルに見合う案件があるか、無料相談で確認してみてはいかがでしょうか。

フリーランスに転身するデメリット3:孤独を感じやすい

会社員は人間関係の接点が多く、それ故にストレスで悩みやすいです。フリーランスの場合はどうでしょうか。フリーランスは一時的に企業に属しているだけなので、フリーランスの方とは距離を置くような企業も一部あります。

「1人で働くのが好き」という方は、そのように感じることはあまり多くないかもしれないですが、常駐先の職場の雰囲気が気になる方はエージェントに無料相談してみるのも1つの手です。

会社員とフリーランスの違いまとめ

会社員からフリーランスへ転身を考えている方、メリットとデメリットを読んでみていかがでしたか。

会社員もフリーランスもそれぞれ一長一短なので、自分の理想とする働き方を今一度考えなおしてみてはいかがでしょうか。それでも悩む場合はぜひ、弊社の無料相談をご利用ください。

【エンジニア職】フリーランスエンジニアの代表的な職種を6選紹介!

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
フリーランスの職種といえば、「エンジニア」という方も多いのではないでしょうか。この章では、フリーランスにおいてよく見かけるエンジニアの種類を紹介します。

エンジニア職1:プログラマー(PG)

プログラマー(PG)の仕事はシステムのプログラミングです。システムエンジニア(SE)が作成した仕様書を元に、プログラマーがシステムやソフトウェアを構築します。

エンジニア職2:システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)の仕事は、クライアントからのヒアリングを元にシステムの設計をすることです。実務では、要件定義や仕様書の作成がそれに当たります。

エンジニア職3:フロントエンドエンジニア

フロントエンジニアの仕事内容は、Webデザイナーのデザインを元に、HTML/CSS/JavaScript/PHPの設計及び実装をすることです。

一部企業においては、Webデザイナーがデザインのコーディングまで担当することもありますが、フロントエンドエンジニアがデザインの知識まで持っておくと案件の幅が広がりやすいのでおすすめです。

エンジニア職4:サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアの仕事内容は、名前の通りサーバーサイドの開発を担当に当たります。

一般的にユーザーの目に触れる担当をフロントエンドエンジニア、それ以外のユーザーの目に見えない箇所の担当をサーバーサイドエンジニアとします。Web領域に特化したサーバーサイドエンジニアをバックエンドエンジニアと呼ぶこともあります。

エンジニア職5:スマホアプリエンジニア

スマホアプリエンジニアとは、AndroidやiOSにリリースされているサービスの開発になります。一般的に企画から設計・実装そして運用までを担当することが多いです。

AndroidエンジニアとiOSエンジニアで、必要とされてくるスキルに違いがあるため案件に応募する際はきちんと必須要項を読むようにしましょう。

エンジニア職6:データエンジニア

データエンジニアの仕事内容は、ビッグデータの活用を支える基盤の構築と運用です。開発に関する知識やデータマネジメントの知見が求められます。

データエンジニアの代わりに、「データ分析基盤エンジニア」や「基盤エンジニア」と呼ばれることもあります。

【デザイナー職】フリーランスデザイナーの代表的な職種を5選紹介!

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
フリーランスの職種といえば、「デザイナー」という声を聞く方も多いのではないでしょうか。この章では、フリーランスにおいてよく見かけるデザイナーの種類を紹介します。

デザイナー職1:Webデザイナー

Webデザイナーの仕事内容は、「Adobe XD」や「Photoshop」「Illustartor」などのツールを用いてWebのデザインを行うことです。

一般的にはWebデザイナーが作ったデザインを元に、フロントエンドエンジニアがHTML/CSSを用いてコーディングします。しかし、WebデザイナーがHTML/CSSのコーディングまでできた場合、受注できる案件の幅が一層広がるので技術の習得をおすすめします。

デザイナー職2:UI/UXデザイナー

UXデザイナーの仕事内容は、ユーザーにとって「使いたくなるデザイン」の体験を設計することです。

それぞれ求められるスキルに違いがあるものの、どちらもユーザー視点をきちんと持っているかどうかが大事な職種です。

デザイナー職3:イラストデザイナー

イラストデザイナーの仕事内容は、記事や絵本の挿絵など絵をデザインする仕事です。ひと昔前までは紙に絵を描いていましたが、最近ではデジタルツールを用いるのが一般的になりつつあるので、ツールを上手く取り入れられるかどうかが案件受注の鍵です。

デザイナー職4:グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの仕事内容は、チラシや商品のラベルをデザインする仕事です。ユーザーが店頭に入って目にする商品のラベルは、グラフィックデザイナーが担当している仕事だということになります。

デザイナー職5:ロゴデザイナー

ロゴデザイナーの仕事内容は、企業や製品のロゴをデザインする仕事です。企業のブランディングやターゲット層からデザインに落とし込みます。

【マーケティング職】フリーランスマーケターの代表的な職種を3選紹介!

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
最近、フリーランスの職種で少しずつ「マーケター」という声を聞く方も多いのではないでしょうか。この章では、フリーランスにおいてよく見かけるマーケターの種類を紹介します。

マーケター職1:Webディレクター

Webディレクターの仕事内容は、Webコンテンツ制作の指揮や管理をすることです。WebプログラマーやWebデザイナーをまとめて、プロジェクトを進めていく能力も求められます。

マーケター職2:データアナリスト

データアナリストは、コンサル型とエンジニア型に分けられます。

コンサル型データアナリストの仕事内容は、データ分析を元に経営の課題解決の提案を行うことです。

エンジニア型データアナリストの仕事内容は、機械学習やデータマイニングを用いた課題解決の手法を設計することです。

マーケター職3:データサイエンティスト

データサイエンティストの仕事内容は、ビジネス上の課題を抽出し、課題解決に必要な施策の立案を行うことです。課題解決の手法として、ビッグデータの収集・加工・分析があります。

データサイエンティストに必要なスキルとして、SQLやPythonがあります。ハードルの高い職種のため、比較的高単価の案件が多いです。

【ITコンサルタント職】フリーランスITコンサルタントの代表的な職種を6選紹介!

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
最近、フリーランスの職種で少しずつ「コンサルタント」という声を聞く方も多いのではないでしょうか。この章では、フリーランスにおいてよく見かけるITコンサルタントの種類を紹介します。

ITコンサルタント職1:CRMコンサルタント

CRMとは、「Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネージメント)」の略語です。日本語だと「顧客管理」と呼ばれることが多いです。

CRMのメリットは、CRMを利用することで顧客中心設計にし、ユーザーの体験を向上させることができる点です。他にも顧客情報を一元管理できるなど、様々なメリットがあります。

CRMコンサルタントは、CRM上のデータ収集から分析し、マーケティング施策の提案をすることです。

ITコンサルタント職2:SCMコンサルタント

SCMとは、サプライチェーンマネジメントの略語です。「サプライチェーン」とは、生産から流通までのプロセスを指します。具体的には、原材料の調達から商品が消費者へ届くまでのプロセスを指します。

SCMが注目されるようになった背景としては、労働環境の変化やビジネスモデルの変化があります。具体的には、少子高齢化により労働人口の減少で人手不足が起きていることや、通信販売(EC)により流通プロセスが簡略化されてきているなどの背景があります。

SCMコンサルタントの主な仕事内容はSCM戦略立案です。具体的には、IT導入支援やプロセス改革などを通して収益改善を行うので、SCMコンサルタントには経営の視点も求められます。

ITコンサルタント職3:SAP(ERP)コンサルタント

ERPとは、ドイツに本社を置く世界的にも有名なソフトウェア会社SAPの代表的なパッケージソフトです。「Enterprise Resource Planning」の略語で、日本語では「全部門共通システム」と呼ばれています。

ERPを使うことで、会社経営の効率化を目指し、経営資源を全社レベルで管理し活用することができます。

ERPはダウンロードして終わりではありません。SAPコンサルタントの仕事内容は、具体的にどのような開発がERPに追加で必要か判断し、ERPを用いて経営の効率化を図ることです。

ITコンサルタント職4:PMOコンサルタント

PMOとは、「Project Management Office(プロジェクト・マネジメント・オフィス)」の頭文字を取った言葉です。PM(プロジェクト・マネージャー)が担当している個々のプロジェクト複数を横断的に管理することです。

PMOコンサルタントの仕事内容は、横断的にプロジェクトを管理することで、プロジェクト全体のリソースの調整を可能にし、結果的に各プロジェクトをスムーズに進行させることです。

ITコンサルタント職5:SEOコンサルタント

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略語です。

SEOコンサルタントの仕事内容は、Google検索からの流入増加など、検索エンジンからのユーザー流入数を増やしWebサイトの成果を向上させることです。

ITコンサルタント職6:CROコンサルタント

CROとは、「Conversion Rate Optimization(コンバージョン率最適化)」の略語です。

CROコンサルタントの仕事内容は、ユーザーが追加しやすいUI/UX設計にすることや、ユーザー導線の設計を改善することで、コンバージョン数の改善を行うことです。

【クリエイティブ職】フリーランスクリエイターの代表的な職種を8選紹介!

フリーランスとは|具体的な仕事内容28選とよくあるQ&A
少しずつ多様な働き方が増え続けている今、様々なクリエイター職が増えてきています。この章では、フリーランスにおいてよく見かけるクリエイター職の種類を紹介します。

クリエイティブ職1:カメラマン

カメラマンの仕事内容は写真を撮ることだけではありません。フリーランスカメラマンとして働く場合には、機材の扱いや写真を撮るための光の扱い方や構図の研究などの撮影に対する知識が必要になります。

フリーランスカメラマンになるには、スタジオに勤める、誰かのアシスタントを経て独立するといった方法もあります。

クリエイティブ職2:フラワーコーディネーター

お花に関わる仕事をしてきた方は、フリーランスフラワーコーディネーターはいかがでしょうか。パーティーや特別な会などの場を、お花を使い空間に彩を作るお仕事です。人の特別な時間を、より大切なひとときにしてみることが好きな方におすすめです。

クリエイティブ職3:フードコーディネーター

料理や食に関する知識がある方は、 フードコーディネーターはいかがでしょうか。フードコーディネーターの仕事は、レシピ本に掲載される料理の作成と写真撮影、そして家電のカタログに掲載される料理の作成や写真撮影と幅広いです。

他にも、料理教室の講師の仕事も定期的な収入源になります。

クリエイティブ職4:YouTuber

最近、急激に耳にするようになった職業といえば、YouTuberではないでしょうか。

YouTuberとは動画を撮影して編集し、動画につけた広告の収入で稼ぐ職業です。最近では、正社員YouTuberとして勤務する方も増えてきましたが、独立してYouTuberをする人も増えてきています。

クリエイティブ職5:インスタグラマー

YouTuberと同じく、最近耳にするようになった職業といえば、インスタグラマーではないでしょうか。

インスタグラマーとは、フォロワー数を多く持ち強い影響力を持った人を指します。何か特定の分野において詳しい、もしくは知られていることが多いです。インスタグラマーの仕事内容は、企業から依頼を受けた商品のPR投稿が主になります。

クリエイティブ職6:ブロガー

「ブロガー」や「アクセス数何万人で話題」といった、ブロガーの記事を読んだことはあるでしょうか。ブログを書いてアクセス数を稼ぐ有名ブロガーの方などがいます。

ブロガーの特徴は、仕事をする上でクライアントからの信頼や目を気にすることがない点です。一見ブログを書くだけのような仕事ですが、ブログである程度まで稼げるようになるには時間がかかります。最初は時給単価も低いですが、コツコツと続けていくことで成果が出やすい職業です。

クリエイティブ職7:落語家

マイナーではありますが、落語家もれっきとしたフリーランスの仕事です。落語家は落語を演じるのが主な仕事です。寄席などの演芸場で高座に上がる他に、ラジオやテレビへの出演もあります。

また、ファンとの交流会をする落語家さんもおり、その交流会も立派な収入源の1つです。基本的に落語家さんの収入というのは公表されていませんが、実力が収入に繋がるのは間違いないでしょう。

クリエイティブ職8:動画編集者

YouTuberの影響を受け、フリーランス動画編集者の仕事も増えてきています。動画編集者の仕事内容は、YouTubeに投稿する動画の編集だけでなく、YouTubeやSNSに流れる動画広告の編集など幅が広がってきています。

フリーランスに関してよくある質問

フリーランスに転身するか迷っている方と面談する中で、よくいただく質問を集めました。それぞれ回答していきます。

質問1:フリーランスに転身する前に準備しておくことは何がある?

会社員から勢いでフリーランスに転身すると、いくつか後悔してしまうこともあります。

具体的には、確定申告に関して事前に知識をつけておくことやクレジットカードを作成しておくことなどが挙げられます。

回答1:確定申告など経理に関する勉強

確定申告は、1月1日から12月31日の期間に得た所得を計算し、納税するべき額をきちんと納税する手続きのことです。毎年2月中旬から3月中旬にかけて、確定申告は行われます。
会社員よりもフリーランスの方が、1人で責任を持って確定申告を行う必要があるため、心理的に大変かもしれません。しかし、最近はデジタルで確定申告を以前より簡単にできるツールが増えてきました。
ツールがあるとはいえ、経理に関する知識がある方が、より良いので勉強しておくことをおすすめします。

回答2:クレジットカードの作成

フリーランスの方がクレジットカードを新規で作成しようとすると、審査が通りにくいという話を聞いたことはないでしょうか。同様にローンを組む際の審査を通過するのも難しくなりやすいです。

理由は、会社員に比べてフリーランスの場合、収入の安定性に欠ける側面があるためです。そのため、クレジットカードの作成やローンの申請は、独立する前に行っておいた方がいいといえるでしょう。

質問2:フリーランスに転身する際に必要な手続きは?

「フリーランスに転身する際に必要な手続きは何かありますか?」といった質問もよく耳にします。フリーランスと個人事業主で、必要な手続きが若干違うので気をつけてください。

回答1:【市区町村役場】年金と保険の切り替え手続き(退職日から14日以内)

「厚生年金から国民年金の切り替え」と「会社の健康保険から国民年金健康保険の切り替え」が必要です。

これらは、退職日から14日以内に市区町役場で手続きを行う必要があります。

必要な持ち物

  1. 退職を証明できる書類
  2. 身分証明書
  3. 年金手帳
  4. 印鑑

回答2:【税務署】開業届出書・青色申告承認申請書

「フリーランスを始める際に、開業届は必要か?」といったご質問もよくいただきます。結論からいうと、提出しなくても問題はないです。特に何か罰則があるわけではないです。

ただし、開業届と青色申告承認申請書を税務署に提出することで、確定申告を青色申告で行うことができます。青色申告は節税面でのメリットがあります。青色申告は白色申告よりも作成が難しいと耳にしますが、実際は会計ソフトを利用するとスムーズに進めることができます。

フリーランス協会とは?フリーランス協会のご紹介

フリーランス協会とは、個人事業主と副業・複業ワーカーのための保険・所得補償制度を提供しているサービスです。また、会社員特有の福利厚生サービスも提供しています。

フリーランスで働く人の背中をそっと支えるような特典がいくつかあるので、フリーランスで働くことに不安がある方は、ぜひ確認してみてください。

メリットもデメリットも理解して、フリーランスで仕事を始めよう!

フリーランスは自身がやりたい仕事でお金を稼ぐことができます。最初はもちろん上手くいかないこともあるでしょう。しかし、今の職場で悩んでいる方、もっとやりたいことがあるという方は、勇気を出してフリーランスに転身してみてはいかがでしょうか。

お客様の声

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA