「四大財閥」はどのように発展していったか

  • 三菱財閥:海運業を起点に事業を多角化。大正以降は重化学工業路線へ。
  • 住友財閥:大阪の豪商「泉家」が前身。銅山経営により巨万の富を得る
  • 三井財閥:ビジネスマン「三井高利」により創設。井上馨の恩寵により「三井銀行」「三井物産」を創業
  • 安田財閥:銀行家の安田善次郎が創設。金融業を中心に拡大していく

第二次世界大戦後、GHQにより財閥解体を受けた十大財閥に五つの財閥を加え、これらを十五大財閥と総称します。

現代企業の多くは、いずれかのグループに所属していることが多く、彼らのルーツを紐解く上で財閥の存在は免れられません。

三菱財閥:海運業を起点に事業を多角化。大正以降は重化学工業路線へ。

三菱財閥は、土佐藩(現高知県)出身の岩崎弥太郎(1834~1885年)によって創設され、海運業を起点として事業を多角化していったことで有名です。

創業者の岩崎弥太郎がはじめた海運業で明治7年(1874年)の台湾出兵を機に三菱は急成長、明治10年(1877年)には西南戦争にて軍事輸送を一気に引き受けたことにより、政商としての地位を確立します。

また、三菱は海運事業をおこなう中で荷為替金融をおこなっていました。

荷為替金融というのは、顧客が荷物を担保に融資を受けられるというもので、海運業における顧客サービスの一環でした。

1880年には、金融業を開始し「三菱為替店(現 三菱UFJ銀行)」を設立。

1885年に弥太郎が亡くなると、弟の「弥之助(2代目)は海運業から手を引き、海運以外の事業へと多角化を進めていきます。

明治時代初期の船舶燃料が石炭だったこともあり、1881年に高島炭鉱(現 三菱マテリアル、三菱ケミカルホールディングス)の買収も行なっています。

また、江戸幕府により設置された長崎造船所は、1884年に三菱に貸し出され、1887年に三菱へと(現 三菱重工業)払い下げられています。

それまでは船舶修理中心だった長崎造船所に積極投資をおこない、世界水準の造船所へと成長させたのも弥之助でした。

1893年、弥之助は三菱の事業を会社形式に整えて「三菱合資会社」に集約し、「久弥(3代目)」に社長を譲ります。

1916年に岩崎小弥太(4代目)が就任、彼が三菱合資会社の各部門を事業会社にしていきました。

4代目の小弥太が「三菱合資会社」における、造船部を分離して三菱造船を設立。

1918年には営業部を分離して「三菱商事」を設立しており、1919年に三菱銀行を設立しています。

三菱グループの中でも、社名に「三菱」がつかない企業としては「東京海上日動火災保険」やカメラの「ニコン」などがあります。

1881年に渋沢栄一により創設された「東京海上火災」に対して、岩崎弥太郎は出資しています。

海運業と密接な関係のある保険業に弥太郎は出資しており、弥太郎が筆頭株主となったことで、同社は三菱色の強い企業となっています。

また、第一次世界大戦中、ドイツからの光学機器輸入が途絶えた時、三菱造船が潜水艦を建艦していました。

そこで、潜水艦の潜望鏡を三菱グループで開発するために「ニコン」が創業されました。

キリンホールディングスも三菱グループであるため、三菱グループの飲み会ではキリンのビールしか飲まないと言われたりもしています。

住友財閥:大阪の豪商「泉家」が前身。銅山経営により巨万の富を得る

住友財閥は、別子銅山の経営や両替商により関西を中心に大きくなっていきます。

住友家の業祖は、「泉屋」を名乗る蘇我理右衛門(1572~1636年)という銅商人と言われています。

彼は、南蛮人(欧米人)ハックスレーから「南蛮吹き」という、粗銅から金銀と銅を選り分ける技術を教わったことで、巨利を博したそうです。

2代目の友以が京都から大阪に本拠地を移し、住友は銅精錬と銅貿易商をおこなうようになります。

3代目の友信の代で銅山経営(秋田・山形・岡山)をおこない、両替商も始めます。

4代目で愛媛県に別子銅山を発見して開坑、別子銅山は国内最大規模の産銅額を誇り、住友の発展に大きく寄与しました。

しかし、明治維新の時期に住友は大きな危機を迎えました。

というのも、1868年に明治政府の官軍により別子銅山を差し押さえられてしまったからです。

当時、別子銅山の総支配人であった広瀬宰平が、別子銅山は住友家がずっと管理してきたことを粘り強く説得。

岩倉具視などの要人にも働きかけた結果、差し押さえの解除に成功したそうです。

その後、広瀬は別子銅山の経営を効率化することや、外国人技師ラロックを招いて新技術を導入することにより、別子銅山の産銅額を大幅に増やします。

その後、1895年には住友銀行(現 三井住友銀行)を設立、1897年には住友伸銅場(現 住友金属工業)を開設します。

三井財閥:ビジネスマン「三井高利」により創設。井上馨の恩寵により「三井銀行」「三井物産」を創業

三井財閥は、呉服屋を営んだ三井高利(1622~1694年)が巨万の富を築き、その後は金融と貿易業を中心に発展していきました。

1673年、三井高利が52歳の時に、三井越後屋呉服店」(越後屋)を江戸に開業しました。

その際、高利がとった手法で有名なものが「店前売り」と「現金掛値なし」でした。

当時、一流の呉服店では、前もって得意先の注文を聞き、後から品物を持参する『見世物商い』と、直接商品を得意先に持参して売る『屋敷売り』が一般的でした。

支払い日は、お盆と年末の『二節季払い』、または12月のみの『極月払い』の掛売りが慣習だったそうです。

掛売りが基本であるため、利子がつき呉服の値段が無駄に高くなっていたそう。

そこで、高利はその慣習を取っ払い、「店頭販売」と「現金決済」の導入により、商品の値下げをし、資金の回転効率も上昇させました。

そして、そこで得た資金を元手に、江戸・京都・大阪で両替商を始めたことで財を築いていきました。

しかし、江戸末期から明治初頭にかけて三井家の本業である呉服屋の業績が低迷していってしまいます。

1872年、明治政府の財政を握っていた「井上馨」から「三井は呉服業を分離して銀行業に専念せよ。」と命を受けます。

そこで、越後屋呉服店(現 三越伊勢丹)を三井財閥から切り離し、1876年に日本初の私立銀行「三井銀行(現 三井住友銀行)」を設立します。

ちなみに、井上馨は西郷隆盛に「三井の大番頭」と言われるほど、三井と関係の深い人物だったそうです。

また、同年「三井物産」も設立されます。

三井銀行は江戸時代から続く自前の両替店を発展させたものであるのに対して、三井物産は井上馨による事業譲渡から始まっています。

当時、井上馨は政界を引退しており、1873年に「先収会社」という商社を立ち上げていました。

しかし、1875年に政界に戻ることになってしまったため、先収会社の業務を引き継ぐ「三井物産」が設立されました。

安田財閥:銀行家の安田善次郎が創設。金融業を中心に拡大していく

安田財閥は、富山出身の銀行家である安田善次郎(1838~1921年)により創業された財閥で、金融を中心に組織を拡大していきました。

安田善次郎は富山県の下級藩士のもとに生まれ、半農半士の家柄でした。

善次郎は武士身分でリッチになることが不可能であることを悟り、1858年に江戸で玩具店・両替商のもとで下働きをおこないました。

1864年、両替商と乾物屋を兼ねた「安田屋」を創業し、のちに「安田商店」に改名しています。

その後、市中の古金銀を回収する幕府の御用により巨額の資産を手に入れ、明治になると太政官札の取引により大儲けしたことで、金融業者としての地位を確立しました。

1876年になると、大蔵省からの勧めもあり第三国立銀行を設立します。(国法に基づく銀行であって、国営の銀行ではありません)

1880年には、安田商店を私立銀行「安田銀行(現 みずほ銀行)」へと改組しました。

善次郎はこの2つの銀行を主軸に、経営不振に陥った地方銀行を取り込み、さらには保険業界にまで手を広げていきました。

1880年には生命保険会社「共済五百名社(現 明治安田生命保険)」を設立し、損害保険会社「東京火災保険(現 損保ジャパン)」の筆頭株主として出資しています。

 

以上「四大財閥」と呼ばれ別格扱いを受ける四財閥についてまとめていきました。

 

 

<参考資料>

三井広報委員会

三菱グループホームページ

住友グループ広報委員会

『日本の15大財閥』

『財閥の日本史』

お客様の声

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA